2010年05月09日

オーバーチュアスパム(MFO: Made for Overtue)について

ポイントサイトについて質問を頂いて返答したので、こちらにも転載しておきます。

オーバーチュアスパムは、零細IT企業がこじんまりとやっているなら、大した被害じゃないのですが、GMOとかECナビみたいに数万というアクセスを集めるサイトにやられると、とてつもない被害を受けます。

ポイントサイトをご存じない方のために例をお見せしましょう。これ ttp://dietnavi.com/pc/ は知り合いが運営しているポイントサイトです。

たとえばポイント会員がレーシックに資料請求すれば、ポイントサイトに入る10,000円のうち5,000円を還元しますよ、というという仕組みですね。(余談ですが、GET MONEYは経営者同士が喧嘩別れして、2ちゃんねるでもの凄いことになっていますw)

しかし、ポイントが欲しい人が登録するだけで、実際にレーシックを申込む人はほぼゼロなので、広告主はポイントサイトを敬遠するようになりました。バリューコマースやA8ネットみたいなところでも、ポイントサイトは禁止という広告主が非常に多いです。

で、収入の道が細くなったポイントサイトは、オーバーチュアやグーグルアドセンスでも同じようなことが出来るのではないかと考えて、MFA(MFO)つまりMade for Adsense(Overture)、(アドセンスの広告収入をGETすることが目的のページ)をたくさん作るようになったのではないでしょうか。

でもアドセンス(グーグル)は、広告主のためにならないことに気が付いて、現在はかなり厳しく取り締まっています。

私のサイトにもこのように(http://www.makebro.com/modules/wordpress/index.php?cat=62)アドセンスを貼ってありますが、これはコンテンツがしっかりあって、広告はおまけで付いているから許されているんです。

ヤフーは、資本関係がある会社(GMOなど)が、MFOサイトを大々的にやっているので、今さら禁止できないのでしょうね。

で、前出のリサーチパネルというのは、表向きマクロミルみたいなインターネット調査の会社です。企業がリサーチしたいときにリサーチパネルが自社の会員数万人にアンケートを配布して、レポートを企業に提出しています。

ttp://www.n-seikatu.com/research-panel.html

もちろん、無料ではアンケートに答えてくれないので、会員にはいくらかお金やポイントを渡します。

たとえば、「化粧品に関するアンケート」を配布して、それに答えた人には数千円ポイントを渡す、というのなら問題はないのですが、それだけだと売上が上がらないのでしょうね。

手っ取り早く収益を上げるために、下記のようなURLをメルマガで送り、「興味を持ったらクリックして下さい」、ということをやっているのでしょう。それなら効率よく稼ぐことができます。

見本
ttp://kivuflip.com/cid/ps_pb_multicategory_search/type/ss/page/1/?keyword=%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF

上記のサイトは、リンク集に見えますが、全てオーバーチュアの広告になっています。だからクリックすると広告費が課金されます。

見た方は、決してクリックしないようにして下さい。まじめな広告主が気の毒ですので。

で、結論ですが、こういう手法っていうのは、どんな本を見ても書いてありませんね。もちろん、マスコミなどでも決して報道しません。

ここ10年くらいの間に、インターネットで成功した、起業した、お金持ちになった人がたくさんいるのは事実なのですが、実際はこのようなダークサイドな方法で稼いでいる人も非常に多いのですね。

機会があったら、悪徳SEO業者の手口なども記事にしてみたいと思います。
posted by affiliatecast at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | リスティング広告, PPC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。