2010年10月05日

配信対象外サイトに登録しても、配信を止められないサイト

ヤフーリスティングには、MFO(Made for Overture), MFA(Made for Adwords)への広告掲載を阻止するために、『配信対象外サイト』という機能がありますが、これに登録してもどうしても掲載を止められないケースがあります。

ヤフーリスティングのサポートに電話してみましたが、この機能は完全ではないとのことでした。登録しても、なぜか配信されてしまうケースがあるようです。

また、ヤフーリスティングでは配信対象地域も設定できますが(例えば北アメリカには配信しないなど)、それも完全ではないようで、擦りぬけて配信されてしまうこともあると言ってました。

当社の場合は、こちらのサイトへの配信がどうしても止められません。

get-search-results.com

★このドメイン下のサイトは、ハイジャックサイトだとか、スパイウェアに感染すると認定されているので、コピペしてアクセスしないようにしましょう。

ログを見ると、下記のように、毎回違うURLに配信されています。

boo1.67561_id500346.get-search-results.com
epagos.21250.get-search-results.com
se1.97569.get-search-results.com
adscampaign.5562.get-search-results.com
findmenow05.nta1mdg1oa.get-search-results.com

このサイトについて解説しているサイトはこちらです。
http://www.spynomore.com/get-search-results-com.htm


以下原文

Alias: get-search-results.com, Hijacker.get-search-results.com

Description: get-search-results.com is one of the websites that result from a Google Search Redirection Virus infection. If you run a Google search on a computer that is infected with a search redirect virus, your search results may be redirected to one of several websites among which is get-search-results.com.

説明:『get-search-results.com』は、Googleリダイレクトウィルスに感染させるサイトです。もしあなたがウィルス感染したパソコンでGoogle検索をしたとき、あなたの検索結果は、get-search-results.comドメイン傘下の、いくつかのWebサイトの一つに強制的にジャンプ(リダイレクト)させられるかもしれません。

Threat type:

Search Hijacker - A Search Hijacker is a software application that takes control of your browser's default search engine. The search results may not necessarily be the best fit as those usually come from paid advertisements, as issued to you by the Hijacker authors. Search hijackers prevent you from changing your browser's default search engine, and they tend to slow down PC performance.

脅威の種類:『get-search-results.com』のような『検索ハイジャッカー』は、あなたが使うブラウザにおいて、検索エンジンをコントロールするソフトウェアです。これによって表示される検索結果は、広告をクリックさせるものなので、ユーザにとって必要ないものであるケースがほとんどです。『検索ハイジャッカー』は、あなたの検索エンジンを正常に戻すことを防ぎ、更にパソコンの性能を低下させます。

とかなり意訳ですが、以上のようなことが書かれています。

---

更に、「Google Redirect Virus(リダイレクトウィルス)」というのが気になったので、調べてみましたが日本語では情報が少ないですね。

『リダイレクトウィルス』をGoolgeで検索
http://bit.ly/cVYeIM (これはクリックしても大丈夫ですw)

英語ではたくさん情報があるのですが、じっくり翻訳している暇がないので、おおまかに説明すると『リダイレクトウィルス』はGoogleの検索結果URLを書き換えてしまうスパイウェアだそうです。

たとえば、Googleで『FX』と検索した場合、検索結果に表示されるURLはパラメータが追加されないURL、つまり 

http://www.fxonline.co.jp/

のように表示されます。

しかし、Googleリダイレクトウィルスに感染すると、検索結果URLが全て 
http://123456789.get-search-results.com/abcdefghijklmn
みたいなURLに書き換えられてしまいます。

そして、『get-search-results.com』が用意したアフィリエイトやリスティング広告をクリックさせる画面に転送されます。

そして広告がクリックされるごとに、『get-search-results.com』にはお金が入るという仕組みになっているのでしょうね。


※ちなみにヤフーの場合は、検索結果のURLはパラメーターを付加して、一度リダイレクトさせるので、
http://wrs.search.yahoo.co.jp/_ylt=A3xThjn.x6pMt8UAeaDEXP=1286347134/**http%3A//www.fxonline.co.jp/
のようなURLになります。そしてこのURLが自動でジャンプして、
http://www.fxonline.co.jp/ 
というサイトにつながります。面倒くさいことしているように見えますが、おそらくクリック回数などを計測しているのでしょう。


で、『配信対象外サイト』の話に戻りますが、このドメインは何故か配信をブロックすることができません。ヤフーのシステムの穴をついて、擦り抜ける方策を取っているのでしょう。仕方がないので、該当するキーワード広告を全て停止しました。

コンバージョンが低いキーワードなので、売上に対して影響は少ないですが、困ったもんですね。

そのうち、GMOの熊谷某もパクって同じようなことを始めるのかな。
posted by affiliatecast at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | リスティング広告, PPC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック